商品選択時の着眼点

尿路結石ケアを視野に入れたキャットフードを与えるに際しては、その時点での猫の体調と、何より結石の状態を的確に確認の上、それぞれにマッチした適正な与え方の遵守が求められます。放置すれば最悪尿毒から生命の危機に瀕しないとも限らぬ可能性を冷静に捉え、以下にご紹介する成分を豊富に含有するキャットフードの選択をお薦めします。

まずはクランベリーなる成分に着目してください。馴染み薄いかと思われますが、猫の尿を酸性に保つ効果を有し、結石が出来にくい膀胱から尿道の環境維持と同時に、抗酸化作用や抗菌効果にも優れる物質です。これは手頃な価格帯の市販製品には含まれていないケースが大半ですが、プレミアムキャットフードの成分表には明記されている事が多く、調達の際に確認してください。

更にメチオニンというアミノ酸の一種の成分もまた、尿を酸性に保つ効果が確認されています。結石は尿がアルカリ性の時に出来やすい性質を有しており、結石の元となるマグネシウムがアルカリ性環境の中では溶解しにくい事も関係しています。メチオニンを含有する表記のあるキャットフードもまた、尿路結石ケアに効果が期待出来ますので、商品選択の際の判断材料としての活用をお薦め申し上げます。

猫の尿路結石について

普段から水分の摂取が不足がちの食生活を基本とする猫の尿は、自ずと元来体外に排出すべき不純物の濃度が濃く、膀胱内や尿道への悪しき負担が大きくなる傾向が否めません。この状況が中長期的に続く結果、尿路結石発症へと器官内の状態が悪化するケースが数多く見られる事を、飼い主である皆さんは正しく理解しておいてください。

次に私達の責任として、無意識の内に消化に悪い食事を与えてしまっているケースも見逃せず、特に穀物の含有量が多い市販商品やお手製のキャットフードが、不十分な消化状態を招く可能性にも着目から注意が必要です。更には運動不足や変色から肥満傾向が顕著な猫にも、その悪影響として尿路結石の発症傾向が見られます。

先に述べた体内の水分不足を始め、こうした食生活や肥満体質の猫は、便に限られた水分を取られてしまうため、結果体外に排泄すべき不純物の濃度が濃い尿となり、結石が出来る確率を高めてしまいます。ちなみに結石に繋がる成分として、尿内のミネラルやマグネシウムの存在があり、これらの増加が密接に関連している事を踏まえ、バランスを考慮した食生活を整えてあげる配慮が、私達飼い主側に求められます。十分な水分補給と合わせ、常に注意を払ってあげましょう。

キャットフードの効果

今日市場に流通するキャットフードのバリエーションの豊富さには目を見張るばかりですが、そんな中でも一際注目を集める商品として、愛猫の健康管理上に優れた効果を謳う製品の存在が見逃せません。とりわけ猫が発症するリスクが否めぬ尿路結石の予防に適したキャットフードの人気は高く、多くの愛猫家の方々にとって欠かせぬアイテムとして周知されています。

尿路結石と聞けば、何やら私達人間限定の成人病的なイメージを抱きがちですが、実は猫達の発症率は想像以上に高く、飼い主である私達の発見が遅れれば重大かつ深刻な事態となり兼ねなません。ちなみにその理由として、猫は他のペット達と比較して日頃からの水分摂取率が低く、結果強い毒素を含む尿を膀胱から尿道内に貯める傾向が顕著な体質が挙げられます。更に猫は単なる尿路結石のみならず、更に症状の悪化から膀胱炎を併発するリスクも高く、私達飼い主は猫達の日常の食生活に細心の注意を払ってあげなければなりません。

ここでは皆さんの愛猫が尿路結石に苦しまぬよう、発症防止効果が期待されるキャットフードを選択から適正に与えてあげる上で、ぜひ知っておいていただきたい関連知識をご紹介します。同時に尿路結石の発症のメカニズムについても触れておきますので、皆さんご自身の健康管理とも関連付けた上でご一読ください。キャットフードの効果に関する説明を私達の食生活改善に応用いただく事で、愛猫と揃っての健康的な毎日を確保いただければ幸いです。

カレンダー

2017年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31