日別: 2016年12月13日

商品選択時の着眼点

尿路結石ケアを視野に入れたキャットフードを与えるに際しては、その時点での猫の体調と、何より結石の状態を的確に確認の上、それぞれにマッチした適正な与え方の遵守が求められます。放置すれば最悪尿毒から生命の危機に瀕しないとも限らぬ可能性を冷静に捉え、以下にご紹介する成分を豊富に含有するキャットフードの選択をお薦めします。

まずはクランベリーなる成分に着目してください。馴染み薄いかと思われますが、猫の尿を酸性に保つ効果を有し、結石が出来にくい膀胱から尿道の環境維持と同時に、抗酸化作用や抗菌効果にも優れる物質です。これは手頃な価格帯の市販製品には含まれていないケースが大半ですが、プレミアムキャットフードの成分表には明記されている事が多く、調達の際に確認してください。

更にメチオニンというアミノ酸の一種の成分もまた、尿を酸性に保つ効果が確認されています。結石は尿がアルカリ性の時に出来やすい性質を有しており、結石の元となるマグネシウムがアルカリ性環境の中では溶解しにくい事も関係しています。メチオニンを含有する表記のあるキャットフードもまた、尿路結石ケアに効果が期待出来ますので、商品選択の際の判断材料としての活用をお薦め申し上げます。